1956-1976 宮本正太郎の火星スケッチ

研究資源アーカイブ展示コンテンツ一覧

main01 main02 main03 main04

花山天文台第3代台長、宮本正太郎博士による火星の観測スケッチ。
20年にも及ぶ眼視観測によって得られた火星の表面は、鉛筆の濃淡によって3000カットのスケッチに固定されている。宮本博士は、長年の観測によって、火星表面の地形を正確に把握するだけでなく、火星に大気の大循環があることを発見し、新しい学術分野である火星気象学を開拓した。

Mars Sketch